blog

飾り

冷え性(゜o゜)②

マイメロこんにちはマイメロ

たらこプルミエエステティックサロン広島ですたらこ

本日は冷え性第2弾でございます(`・ω・´)

①規則正しい睡眠で生活リズムを整えましょう

血の巡りが悪く、冷え性の方には、生活時間が乱れている人が目立ちます。寝不足になると肌が荒れるには、その根底に血行不良や冷えが潜んでいます。体温は午後3時~5時ごろがピークで徐々に下がり、午前4時が最低になります。夜の10時か11時には寝て、朝の6時か7時には起きる生活が理想的です。遅くても、夜の12時には休むようにしましょう。

②ウォーキングで血の巡りを良くしましょう

1日1万歩を目指しましましょう

歩くことは、全身の血行を良くします。血液を抹消に送り出すのは心臓の役割ですが、末梢から心臓に戻すのは筋肉の役割です。筋肉の3分の2は足にありますから、歩くことによって下半身の血液はしっかりと心臓に戻されます。歩くことって難しいですよね。私もほとんど歩くことはなくてこれが1番の課題ですね(笑)

③半身浴

40度ほどのぬるめのお風呂に、みぞおちから指2本分下くらいまでつかる入浴法。冷えた足先が温められる事で、上半身との温度差が小さくなっていきます。「お風呂で温まっても、すぐ冷たくなる」という人は足先までしっかりと温め、全身の血液の巡りを良くする必要があります

④旬の食物、寒い地方で産出された食物を摂りましょう

寒いところに住む人は、自然と体を温めるものを食べるようになり、温める食物を育てて、収穫するという摂理があります。逆に暑い南方で採れるものは暑さをとり、暑い夏に収穫されるものは体を冷やす様にできています。

⑤靴下の重ね履き

普通の靴下を重ねばきすると、足の指のあいだや足の裏から汗が出てきます。老廃物が含まれた汗です。その汗は指のあいだにたまり、時間がたつと冷たくなります。せっかく足元を温めようとしても、冷えの原因に。汗の問題を解消し、十分に温めてくれるのが「絹でできた五本指靴下」

「絹」は水分の吸収が早く、乾きも速い。
五本指であれば指のあいだに絹がフィットして、汗をキャッチします。
「綿」は水分吸収は速いのですが、乾きが悪い。

この2つの性質を使用して靴下の重ねばきをします。

寒さが増してる時は絹(5本指)→綿→絹→綿と4枚履きがいいそうですアゲアゲ↑↑

これは凄いですよね!自宅では年中裸足の私ですが冬になって2枚履きから始めてみようと思いますハート②

重複している所もございますが少しずつでも試してみましょうポイント

キラキラプルミエエステティックサロン広島キラキラ

けいたい082-511-1666

定休日月曜日、金曜日

カウンセリングのご予約

カウンセリング予約

といあわせ

ライン始めました
広島プルミエクリニックLine始めました


LINE友だち追加

QRコード



お客様の声

ブログ

施術メニュー